トップページへ新着情報各種案内ダウンロード書評┃サイト内検索

検索のヒント[?]

公務員・教員系 医療・資格系 技術・技能系 芸術・マスコミ・スポーツ系 補巻・別巻 大学学部調べ
補巻・別巻
別巻 大人になる前に知る 老いと死
著者前沢政次

B6判・144頁

ISBN4-8315-
ISBN978-4-8315-1617-6
C0037
2022 年発行 
過疎と高齢化の進む町で診療し、高校の学校医を務める著者が、誰もに訪れる「老い」と「死」について、向き合うこと考えることの大切さを語る。


はじめに
1章 認知症って知ってる?
  Story1 あきら――通学路の出会い
    認知症はどんな病気?/どんな症状があるの?/認知症の原因となる病気/治療法はあるの?/認知症の人の気持ち
  Column1 ユマニチュードという接し方
2章 老いによる体と心の変化
  Story2 さちほ――夏休みの祖父母
    フレイルって知ってる?/外側から見えない体の変化/歳をとると性格が変わる?/お年寄りって幸せなの?
  Column2 落葉から新しい命へ
3章 お年寄りと子どもと社会
  Story3 かな――一人暮らしになった祖母
    子どもとお年寄りは実は仲良し/お年寄りのいる家庭/ヤングケアラーって聞いたことある?/近隣コミュニティーの工夫/これからの日本
  Column3 ノーマリゼーションの父
  Column4 夕張市という地域社会
4章 死について考える
  Story4 みおん――祖母とのお別れ
    死って何だろう/死の訪れ方はさまざま/お別れまでの時間を共有/自殺はいけないこと?/死後の世界はあるの?
  Column5 障害を越えて
5章 死に向き合って今を生きる
    死から学べること/認知症の人を守る/ストレスを柔軟に受け止める/すてきな大人になるには
  Column6 認知症疑似体験
おわりに


Copyright 1999 PERIKANSHA Publishing Inc. All rights reserved.